Vagrant」タグアーカイブ

vccwを速くする最適化

WordPressのローカル開発環境として便利なvccwですが、デフォルトの設定だと動作速度が遅いので設定ファイルから最適化を。
#ただし、Mac環境

Vagrant用のデフォルト設定ファイルコピーし、オリジナル設定ファイルを置く

vccwからダウンロード/クローンしたディレクトリに移動

$ cd vccw

デフォルト設定ファイルをコピー

$ cp provision/default.yml site.yml

site.ymlを編集する

#
# Virtual Machine Settings
#
memory: 1024 //増量
cpus: 1

vccwのフォルダ直下のVagrantfile

    vb.customize ['modifyvm', :id, '--natdnsproxy1', 'off'] //offに変更
    vb.customize ['modifyvm', :id, '--natdnshostresolver1', 'off'] //offに変更

Vagrantの設定をリロード

$ vagrant reload --provision

Via!
http://qiita.com/s-kiriki/items/357dc585ee562789ac7b

VCCWのローカル環境を高速化!NFSマウントを設定する方法


https://github.com/geerlingguy/drupal-vm/issues/210

Please follow and like us:

vagrantが立ち上がらない

vagrantがエラーを吐いて立ち上がらなくなった。症状はこちら。

$ vagrant up
/opt/vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-1.7.4/lib/vagrant/util/platform.rb:127:in `downcase': invalid byte sequence in Windows-31J (ArgumentError)
	from /opt/vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-1.7.4/lib/vagrant/util/platform.rb:127:in `block (2 levels) in fs_real_path'
	from /opt/vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-1.7.4/lib/vagrant/util/platform.rb:126:in `each'
	from /opt/vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-1.7.4/lib/vagrant/util/platform.rb:126:in `block in fs_real_path'
	from /opt/vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-1.7.4/lib/vagrant/util/platform.rb:125:in `each'
	from /opt/vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-1.7.4/lib/vagrant/util/platform.rb:125:in `fs_real_path'
	from /opt/vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-1.7.4/lib/vagrant/environment.rb:120:in `initialize'
	from /opt/vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-1.7.4/bin/vagrant:165:in `new'
	from /opt/vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-1.7.4/bin/vagrant:165:in `<main>'

ググると、こういう解決策が。

export LANG=ja_JP.UTF-8

via! http://www.eelingshi.com/questions/2864996/vagrant-up-fails-and-error-is-invalid-byte-sequence-in-windows-31j-argument

Please follow and like us:

varying-vagrant-vagrantsのWPを日本語化する方法

WordPressのローカル開発環境を素早くVagrantで構築するのに便利なvarying-vagrant-vagrantsのWordPressをデフォルトの英語版から、日本語にする方法

git等から落としてきたパッケージ内の
provision/provision.sh
の470行目あたりを

#curl -O http://wordpress.org/latest.tar.gz
curl -O http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
#tar -xvf latest.tar.gz
tar -xvf latest-ja.tar.gz
mv wordpress wordpress-default
#rm latest.tar.gz
rm latest-ja.tar.gz

と書き換える。
英語版のインストール元を日本語版に切り替えている。

Please follow and like us:

VagrantのBoxに、chefが入っていなかった

VagrantのBoxに、chefが入っていない場合に、自動的にchefをインストールする方法

まず、vagrantに自動インストーを行うプラグインを入れる。apt-getみたいな感じ?

vagrant plugin install vagrant-omnibus

次に、Vagrantfileに次の様な設定を追記

  config.omnibus.chef_version = :latest

あとは、Vagrantを立ち上げるか、再起動

Please follow and like us:

yajl-rubyが無い

Vagrantを入れようと(Macで)、

sudo gem install knife-solo

としたところ、

Gem files will remain installed in /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/yajl-ruby-1.1.0 for inspection.

というエラーが発生し、インストールができない。

その場合は、
XCodeからCommand Line Toolsをインストールすると解決されるらしいので、Preferences > Downloadsからインストールする

再び、

sudo gem install knife-solo

を実行すると、yajl-rubyを初めとして必要なパッケージが自動的にインストーされる。

Please follow and like us: