WordPress」カテゴリーアーカイブ

vccwのVagrant環境を別マシンに移行する方法

移行元での作業

boxイメージをイクスポートすることで、丸ごとバックアップする。
移行したい環境が入っているディレクトリに移動する
vagrant upを実行しているディレクトリ
以下のコマンドでパッケージ化をする

$ vagrant package

すると、package.boxというファイルが生成される。
Vagrant環境のディレクトリを丸ごと、移行先にコピーする

移行先の作業

コピーしたVagrant環境のディレクトリに移動。
パッケージの登録

$ vagrant box add vccw-team/xenial64 package.box

登録されたかを確認

$ vagrant box list

このまま、初期化をすると、既存の投稿などが上書きされてしまうので、wordpressの初期構築をしないようにする。
以下のファイルを編集する。
provision/playbook.yml

---
- include: playbooks/commands.yml
- include: playbooks/middleware.yml
#- include: playbooks/wordpress.yml

最後の行をコメントアウトする。

初期化を行う

$ vagrant init vccw-team/xenial64

起動する

$ vagrant up

Via!
https://donow.jp/skillup/?p=1064

Please follow and like us:

WordPressで丸ごと移行する方法

WordPressを使ったWEBサイトの開発で、ローカル開発環境 → ステージング → 本番サーバに、丸ごと移行(コピー)するには、Duplicatorというプラグインが便利だった。

https://ja.wordpress.org/plugins/duplicator/

サイト丸ごとのZIPとそのZIPを移行先でインストールするためのPHPファイルを作ってくれる。

詳しくは、こちらを。
http://wp-technique.com/wp-duplicator/

Please follow and like us:

varying-vagrant-vagrantsのWPを日本語化する方法

WordPressのローカル開発環境を素早くVagrantで構築するのに便利なvarying-vagrant-vagrantsのWordPressをデフォルトの英語版から、日本語にする方法

git等から落としてきたパッケージ内の
provision/provision.sh
の470行目あたりを

#curl -O http://wordpress.org/latest.tar.gz
curl -O http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
#tar -xvf latest.tar.gz
tar -xvf latest-ja.tar.gz
mv wordpress wordpress-default
#rm latest.tar.gz
rm latest-ja.tar.gz

と書き換える。
英語版のインストール元を日本語版に切り替えている。

Please follow and like us: