RasiPiでブラウザを自動起動してキオスク端末にする方法

unclutterをインストール

マウスカーソルを一定時間の無操作後に消すユーティリティ

$ sudo apt install unclutter

設定ファイルのコピー

自動ログインするユーザのホームディレクトリに設定ファイルをコピーする。

$ cp /etc/xdg/lxsession/LXDE-pi/autostart ~/.config/lxsession/LXDE-pi/

ディレクトリがデフォルトでは無いので、自分でつくる必要あり

設定ファイルの編集

コピーしたautostartファイルを以下の様に編集

#@lxpanel --profile LXDE-pi
#@pcmanfm --desktop --profile LXDE-pi
#@xscreensaver -no-splash
#point-rpi

@xset s off
@xset -dpms
@unclutter -display :0 -idol 3 -root -noevents
@chromium-browser --kiosk --start https://www.google.co.jp

例として、起動後、全画面でhttps://www.google.co.jpを表示するように設定。任意のURLに書き換える。

設定後、再起動

設定内容

autostartファイルの編集内容について

いらない画面表示を起動しないようにコメントアウト
#@lxpanel --profile LXDE-pi
#@pcmanfm --desktop --profile LXDE-pi
#@xscreensaver -no-splash
#point-rpi
画面スリープをオフにする
@xset s off
@xset -dpms
マウスカーソルを一定操作が無かったら消す。
@unclutter -display :0 -idol 3 -root -noevents
ブラウザをキオスクモードで起動
@chromium-browser --kiosk --start https://www.google.co.jp

キオスクモードは、F11が押されても、全画面表示が終了しない

Via! https://gist.github.com/rampfox/085bf3ffb9ff51e114bf7afdf3ced71b

Please follow and like us: