既存のレポジトリに.gitignoreを後から反映させる方法

あとから、.gitignoreを設置したけど、一発で.gitignoreを全体に反映させる。

一気に、レポジトリから削除(除外)

以下のコマンドで、.gitignoreから除外を反映させる

$ git rm --cached `git ls-files --full-name -i --exclude-from=.gitignore`

確認&反映

$ git status
$ git commit -m 'Reflected .gitignore'

via!
あとからまとめて.gitignoreする方法

Amazonで買う圧着チューブセット

センサーの結線で必要だったので、新規に圧着チューブとヒートガンをAmazonで手に入れる。

(STRAIGHT/ストレート) 熱収縮チューブ セット ブラック 100ピース 35-311

φ1.5mm、φ2.5mm、φ4.0mm、φ6.0mm、φ10.0mm、φ13.0mmの6種類が一気にセットになっているので、ちまちまとφと合わせて買わなくて便利。

ヒートガン 1800W 強弱2段階切り替え可能 アタッチメント付き

ヒートガンは、ピンキリで出ていますが、ベストセラーになっていた程良い値段のものを。意外とサイズが大きいです。吹き出し口のアタッチメントが数種類付いていて、便利。

UniRxでTimer処理を行う方法

UniRxでTimer処理を行う方法

	Observable.Interval(TimeSpan.FromMilliseconds(1000)).Subscribe(l =>
        {
		//Something Do            
        }).AddTo(this);		

TimeSpan.FromMilliseconds(1000)で、ミリ秒で待ち時間を設定する。

爆速のlibsassをインストールしてcompassも使える様にする方法

cssの記述は、compass(sass)で行ってきたのですが、コンパイルの時間がかかる様になり、調べると、libsassというC/C++で書かれたsassのポートがあるのを発見。確かに、その速度は雲泥の差です。速いです!

以下、Macへのlibsassのインストール方法です

libsassのインストール

macの場合、homebrew経由でインストールできる。
https://libraries.io/homebrew/libsass

$brew install libsass

sasscのインストール

次に、コマンドラインからlibsassを使えるためのコマンド(ドライバー)をインストール

$brew install sassc

インストールが完了後、動作チェック

$ which sassc
/usr/local/bin/sassc
$sassc -v
sassc: 3.4.1
libsass: 3.4.3
sass2scss: 1.1.0
sass: 3.4

compassのインストール方法

gemでインストールしたcompassから移行した場合、そのままでは、ミックインなどが使えなくなるので、別途インストールする。

npm install compass-mixins --save-dev

最後に、
node_modules/compass-mixins/lib以下のscssファイルを開発中のscssフォルダにコピーする

via!
http://www.webcyou.com/?p=7122