黙々会に行く。

黙々会とは、有志が一カ所に集まり、各個人がひたすら作業をし、最初に目標、最後に成果物をシェアするという会である。概ね、2〜3時間ほど、作業時間が設けられている。この間、参加者は、集中して、その日の、己に課した目標・課題に向き合う。自分の場合、SNS、Slackは切り、作業に没頭する。

と、書くと何とも、修行のように思えてくる。だが、この修行のような集中が、普段には得られない成果を与えてくれる。

他にも、こういうことを当てはめられれば、良いのだが、そうも行かないのが、この世界のなのだろうか。